日焼け止めの効果

紫外線が気になる季節となりました。
しみなど色々な事を考えると日焼け止めは欠かせません。

日焼け止めを使用する場合は乳液タイプの方が伸びがよく塗りやすいと思います。

日焼け止めを購入する場合、SPFの数値の高さで選ぶ人が多いと思います。
このSPFとは紫外線を防御してくれる指数です。
紫外線を受けると肌が赤くなります。
赤くなるまでには個人差がありますが、その症状が出るまでの時間を延ばしてくれるのです。
もし、SPF50 UVミルクを使用した場合は基準の50倍防ぐというわけです。
1単位が大体20分ほどで計算するので、SPF50のものを使用すれば
20分×50ですから1000分効果があるということになります。
つまり、外に長くいる場合はSPFの数値が高いものを選んだほうが良いということになります。

汗をかきやすい場合には数値に関係なく、なるべくこまめに塗り直した方が良いでしょう。

なるべく肌に優しいものを使用するようにしてください。
ウォータープルーフの場合は少々落ちにくいという事があるので使用する時は考えて使用しましょう。